ありゃ。利上げ見送りか。どうりで円高。


Sponsored Link

利上げ見送り?後は雇用統計、大統領選挙やなトランプどうなるんやクリントン逮捕とか言ってならんし
FOMCの結果が発表され予想通り政策据え置き声明は利上げの根拠は引き続き強まっていると判断。更なる進展を暫く待つという9月のFOMC声明の文言をそのまま踏襲した格好景気判断など他の部分についても9月とほぼ変わらず
FOMCの結果は予想通り政策据え置き声明は利上げの根拠は引き続き強まっていると判断。更なる進展を暫く待つという9月FOMC声明の文言を踏襲した格好一部では12月利上げに向けてもう少し踏み込んだ表現も期待されていただけに肩透かしの格好ただFOMC自体への株式市場の反応は限定的
FOMC12月利上げ示唆にも関わらず、12月利上げ確率(CME)は、下落。(月)72% (火)68%(水)66% これは、トランプ大統領のケースでは、金融市場混乱のため利上げできまい、との懸念のほうが相対的に強いことを映す。
おはっす。SPさん0.6%下げてるとか利上げですか、もしかして!
駆けつけ警護 15日閣議決定へ米FRB利上げ見送り 12月示唆サザエ家理想? 24条改正議論宅配ロッカー 配達員を救うかG大田 トレードへの心境吐露ロッテ 涌井に複数年契約用意SMAP最後のベスト 投票結果
米連邦公開市場委員会(FOMC)は予想通り金融政策を据え置き。声明に12月利上げを明示する強い文言はなかった。しかし次回会合の利上げ織り込みを阻害するような内容ではない。緩やかな利上げを支持する材料となった。
そーか利上げ見送りまあいいけど今日の注文中102.77102.52102.33以上102.77これはいらんかも?ww

Sponsored Link

利上げ・・そうなんだ。
ありゃ。利上げ見送りか。どうりで円高。
FOMCも来週が波乱の大統領選とあっては何も言えないよな。12月利上げアリやナシやのブックメーカー状態もさらに混迷度を増しそうだ。大統領選後に何もなければイベントリスクが減って利上げ出来るかもしれないがヒラリー逮捕みたいな話が残るとやっかい。予想はしないに限る。
連銀:利上げ接近を警告。適当な期間続けるとしているが…。論点は?雇用回復の程度、?リスクテイク抑制 
今回のFOMCではカンザスシティー地区連銀のジョージ総裁と クリーブランド地区連銀のメスター総裁が利上げを主張し反対票を投じました。前回のFOMCでは両総裁に加えボストン地区連銀のローゼングレン総裁の3人が反対票を投じていました。
11/2のNY時間、FOMCは金利を市場予想どおり据え置いた。年内利上げの宣言もなく、引き続きハト。米国株はダウが5日続落し、遂に終値で18000ドルを割った。S&P500は7日続落。滅多にないことが起きており、米国株も3日が正念場となる。休みは返上。
こうした文言から、12月半ばに予定されている年内最後のFOMCで利上げに踏み切るハードルは低いと推察されます。引き続き12月利上げを示唆していますが、FRBは事前に確約することはしませんでした。
米FRB、追加利上げ見送り 7回連続で (日本テレビ)
相場の上昇は、市場関係者の年内利上げ予想が後退した可能性を示すものの、次回会合での利上げ観測全般の変化を示すほどではない。 FOMC声明発表前は、市場関係者が織り込む12月利上げ確率が約73%、来年に追加利上げが1回との見方が広がっていました。
FRBは2日まで開催したFOMCで金利据え置きを決定。ただ米経済が勢いを増し、インフレが上向くなか、12月に利上げに踏み切る可能性があることを示唆。
FOMCは「ジョージ総裁とメスター総裁が利上げ主張し反対票」「経済見通しのリスクは概ね均衡」「金融政策のスタンスは引き続き緩和的」「利上げの論拠は引き続き強まってきた」「さらなる証拠を当面待つことを決めた」「インフレは今年の先の時点より幾分か強まった」
FOMC声明文英文解釈講座。(利上げ決定のための)更なる証拠を待つ 。前回 wait for further evidence 今回 wait for “some” further evidence. “some”には、幾分かの証拠があれば利上げ決定の条件は満たされる、の意味。
為替が戻ってないってことは選挙が終わるまでこんな動き方をするってことかFOMCが利上げ見送りってのは。。12月確定だったらよかったんだが防衛Sが多分無駄になることがわかっていてコレなのが痛い
FOMC声明 ・利上げの根拠は引き続き強まっていると判断・雇用と物価の目標に向けさらなる進展をしばらく待つ・物価は引き続き短期的に2%下回ると予想・市場ベースのインフレ見通しは上昇したが低いまま・雇用の伸びは堅調、物価も中期的に2%に向かう
市場は12月利上げに向けてもう少し踏み込んで来るのではとの期待も一部ではあっただけに肩透かし変化と言えば前回利上げを主張してたローゼングレン・ボストン連銀総裁が賛成に直近の発言で12月利上げを主張してただけに据え置きで良いと言う事の模様少なくともハト派に転じた訳ではなさそう
FOMC声明反対は2人でジョージ総裁メスター総裁が利上げ主張物価、世界経済と金融の動きを引き続き注意深く監視
FOMC声明利上げの根拠は引き続き強まってると判断雇用と物価の目標に向け更なる進展を暫く待つ物価は引き続き短期的に2%下回ると予想市場ベースのインフレ見通しは上昇したが低いまま雇用の伸びは堅調、物価も中期的に2%に向かう短期的な経済見通しへのリスクは概ね安定的
ポンド安によるインフレが高まり来年の下期には4%まで高まる可能性も利上げのタイミングとしては2019年の第3四半期の可能性が見込まれる模様
NIESRがレポートを発表しておりカーニー総裁の任期は2019年6月まで延長され丁度英国がEUを抜ける時期まで舵取りをする事が決まったが政策金利はそれまで据え置かれ次の英中銀の行動は逆に利上げになる可能性を指摘
FRBは利上げ見送り・・・年内は無いね。
今年も雇用統計、アメリカの利上げの時期! モーサテはこれを重点的に伝えてれば,後はなに言ってってもいいんだよ?! 
ヒラリーもトランプもドル安政策なので来年も利上げはないのかも

Sponsored Link

ありゃ。利上げ見送りか。どうりで円高。<br />

お、永瀬あや子供産まれたかw
$B%Q%o!<%5%i%@!D(B( $B!-(B q ` )

どしどしコメント残してください