津端修一さんは亡くなられたんですね…


人生フルーツ、津端修一って、建築家としては知名度低いというか、殆ど忘却されてきたと思うんだけど、今こうやってドキュメンタリーで氏の晩年の生活とかを具に見せられると、どんなリベラルな主張よりよっぽど説得力があるというか、本来のリベラルってそもそもこういうことなんじゃないのっていう。
「津端修一」は「つはたしゅういち」と読みます。
めいめいが見たかった人生フルーツ。90歳の夫・修一さんと、敷地内の雑木林で育てた野菜や果物で得意の料理を手がける87歳の妻・英子さんの津端夫婦。敗戦から高度成長期を経て、現在に至るまでの津端夫婦の生活から、日本人があきらめてしまった、本当の豊かさを見つめなおす。めいめいらしい!
フジテレビで放送されてた津端修一さんと妻の英子さんの物語を見た。朝から感動して涙が出てしまった。
津端修一さん・英子さん
フジテレビで大好きな樹木希林さんのナレーション。『人生フルーツある建築家と雑木林のものがたり』津端修一さんは、ある日昼寝をしたまま旅だ立たれた。その姿が映し出され、本当にお昼寝しているままのお姿だった。衝撃を受けてる私に、娘が幸せな最期だよね。そうだね、…。
津端修一さんと妻・英子さんのドキュメンタリー、感銘を受ける。人間らしい生き方をしてると思う。人間らしいってなんだって言われるかもしれないが、直感でそう思える。人生はフルーツかぁ…..いい言葉だなぁホント
建築家・津端修一さんと奥様・英子さんのドキュメンタリー番組を観ている。家族、暮らしを大切にした生活をおくりたい。

建築家、津端修一のドキュメンタリーがフジで。高蔵寺ニュータウンだから、東海テレビか。
日本放送文化大賞で受賞したらしい作品がフジテレビでやってて、建築家の津端修一さんとその奥さんの英子さんのお話し見てて号泣してた(´;?;`)戦争のお話しはタメになるし、夫婦の姿が素敵修一さんが亡くなっても強く生きてる英子さんがとても綺麗で真っ直ぐで……
津端修一さんと富野監督の対談とか見てみたかったな…(;´Д`)
津端修一さん、赤羽台団地の設計にも携わってるんだ…。
津端修一さんと英子さん。フジテレビでは珍しい番組だなと思ったら、制作はご夫妻の住む春日井市の地元愛知の東海テレビだった。
フジ 10:25〜11:50チャンネルΣ・人生フルーツある建築家と雑木林のものがたり(仮)日本放送文化大賞グランプリ受賞作品。愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの基本設計をした建築家・津端修一さんと、その妻・英子さん。ふたりの“人生のものがたり”。ナレーション
1/28 10:25 – 11:50 フジテレビ人生フルーツある建築家と雑木林のものがたり日本放送文化大賞グランプリ受賞作品。愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの基本設計をした建築家・津端修一さんと、その妻・英子さん。ふたりの“人生のものがたり”。ナレーション:樹木希林
28(土)10:25〜フジテレビチャンネルΣ・人生フルーツある建築家と雑木林のものがたり日本放送文化大賞グランプリ受賞作品。愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの基本設計をした建築家・津端修一さんと、その妻・英子さん。ふたりの“人生のものがたり”。「人生フルーツ」のテレビ版
津端夫妻は私の祖父母と同じ歳。祖母が修一さんのような亡くなり方をしたからぽっかりと空いたように死を受け入れるのも時間がかかった。祖父はどう感じたんだろ。今ひとりで寝食しながら何を考えているんだろ。引きこもることもなく様々な場所に出掛け人に会う祖父に安心はしつつやはり不安感じる。
たまに自給自足生活とかいって山の中でサバイバルみたいな生活してる人いるけど津端修一さん英子さん夫妻は必要なものはちゃんと買ってるから無理なことはしてないスローライフなんだよな
津端修一さんは亡くなられたんですね…
久々に伊万里の「街サナ」。この街サナの設計をされたのは,津端修一さん。その津端さん夫妻の人生を描いた映画「人生フルーツ」が上映されます。上映期間は,地域によって異なります。ナレーションは,樹木希林さん。津端さんは,生涯最後の仕事として「街サナ」の基礎を作っていただきました。
このまえテレビでやってた津端修一氏のドキュメンタリー超よかった 亡くなっていたのだなあ…知らなかった
【テレビ】『人生フルーツ』。津端修一・英子夫妻の日常生活@高蔵寺ニュータウン。味わい深い。
津端さんご夫妻の人生フルーツ。放送中色々な思いが駆け巡り自然と涙が流れた。修一さんの美しい最期とか、お二人の後世への思いとか、如何に素晴らしかったか言葉で表現したいが、出来ないもどかしさ。語彙力なし。うーうーうー??
ふと入った喫茶店 (カフェ?) のテレビで「人生フルーツ」というドキュメンタリーをやってたので見た。建築家の津端修一さんと英子さん夫妻の生活を追いかけたドキュメンタリー。穏やかで良い作品だった。
津端修一・英子ご夫妻の番組たまたまつけたっらやってたんだけど夢中になってしまった
津端修一氏は岡崎出身か…
いま、テレビ観ていて初めて知ったよ。津端修一さんで亡くなってたのだね…
かつて公団に所属して団地を設計した建築家の津端修一氏と奥様の生き様を描いた映画『人生フルーツ』。福岡はKBCシネマで上映され、初日は監督とプロデューサーのトークイベントがある。いつかなと確認したら2/11。って「ダンパクV」の日だ! その日、私は大阪だよ、残念。
津端修一さんご夫婦の暮らし方が素敵
「人生フルーツ」では、津端修一氏が、孫の話に絡めて「社会の変化を見届けたい」というようなことを言っていたのが印象的で、当たり前なんだけど、自分以外の存在について、こうすべき、とか、無いんだよね。でも自分では自分に課す。それってすごい。

津端修一さんは亡くなられたんですね…<br />

は!確かにマヤ文明は四大文明じゃない…!笑笑
「一角獣」は「いっかくじゅう」と読みます。

Comments

  1. あんなにお互いを敬い
    信頼され 穏やかに
    そして 逞しく 素敵な時間を共有できる
    ベストパートナー
    今 失われつつある 夫婦の形が
    目の前に
    心に響き
    涙が止まらなかった。

  2. 修一さんが最後に手掛けられた佐賀県伊万里市にある精神科 山のサナーレ・クリニックを訪れてみたいと思います。そこに身を置いて修一さんを少しでも感じてみたいです。
    家は暮らしの宝石箱でなくてはならない。お金よりも人です。できるものから、小さくコツコツ、ときをためてゆっくり 等々。心の養分を頂きました。
    英子さんの手料理の数々お手本にします。今なお心で結び合っている御夫妻に感動の涙がとまりませんでした

  3. 映画館で見ました。
    人生のお手本にしたい。あまりに感動して、いつまでも余韻に浸っていたくて、他の方の感想なんかを検索したりして。
    津端夫妻に憧れて、畑仕事をいきなり始めるのは難しいですが
    作る喜び、食べる喜び、もてなす喜びをもっと実感できるように、毎日を工夫していけたらなぁと思いました。
    少しずつ、家の中が宝石箱になるように、トキメキのある空間にしていこう。

  4. とても素敵な、ご夫婦ですね。テレビ映画見れませんでした。人を大事に、夫婦仲良く暮らしていこうと思いました。

  5. Extraordinary process upon the publish up! I expect toward look at browse even further in opposition to on your own!

    dftge454sws.com

  6. Buy Viagra Jelly Online Uk cialis Horn Pflanzliches Viagra Erfahrungen Viagra Prix Pfizer En Paris Cialis Nebenwirkungen Depression

どしどしコメント残してください